データバックアップ用に3TB内蔵ハードディスクドライブWestern Digital WD Red(WD30EFRX)を購入 / WD Red WD30EFRX をレビュー(高画質写真付き)

Western Digital WD Red(WD30EFRX)の購入 - (沢山有る製品ラインナップに注意)

ここの所増え続けるシストレのバックテストの膨大な記録データをなんとかするために新しく3TBのハードディスクを購入しました。
HDはラインナップが大体決まっているので何も調べずに買いに行きました所、 東芝 ウエスタンデジタル シーゲートと定番の3社のディスクが売られていて
ウエスタンデジタル(WD)だけはサーバ向け耐久性の高い商品が1点あると言う事で選んだ商品が今回紹介するWD Red(WD30EFRX)と言う商品です。

wd_red_wd30efrx-1s

家に帰って調べたところ厳密にはナス向けの商品でしたが、ウエスタンデジタルのハードディスクの製品ラインナップは大きく分けて5種類あり、そこから更に枝分かれするように何数十種類もラインナップが有る事を知り驚きました。
店で買ったRedという商品は耐久性の高いモデルの中では一番安価なモデルで更に上には上位モデルが複数存在していました、後の祭りですが購入時に知っていたらどうせ買うなら一番高いのを買っていた事でしょう・・。
とにかくウエスタンデジタル社の製品は沢山ラインナップがありますので購入前に要チェックだと思いました。ショップでは全商品取り扱ってなく売れ筋の2つが販売されている状況でした。(Blackが上位品のようです。2014/03/09時点)

Western Digital デスクトップ内蔵ハードディスクドライブの概要 http://www.wdc.com/jp/products/internal/desktop/

自分的にはちょっと乱立していてわけがわからないかとも思いました。
さらっと先に説明しておきますとウエスタンデジタル社はハードディスク製造専門の会社で、メカの構造やHDを制御するプログラム等は超大手の東芝(日立)やSSDならIntelにかなうのか?若干疑問に思いました。半導体による制御はIntelより優れた物を作るのは難しいでしょうし、様々な電子パーツからソフトまで総合的なの技術を持つ東芝や日立よりも優れた物を研究開発するのはこれまた難しい物と思われます。

Western Digital WD Red(WD30EFRX)を開封

wd_red_wd30efrx-2s

開封した所です。 中身は大きいサイズのプチプチでくるまれているだけでした。大きな衝撃に注意が必要です。 確か東芝(日立)のパッケージの方がセンターに固定する枠がついててより安全かと思いました。

ショップでの購入時のチェックポイント

WD30EFRXをアマゾンで購入する
と言う選択肢もありましたが宅配時に強い振動による衝撃を受けた場合故障率が上がるため自分はHDだけはショップへ買いに行く事にしています。
店頭で購入商品の同一在庫を複数見せてもらい箱の角に凹みやよれが無いかよく見て綺麗な物を選ぶのはポイントかと思います、今回も3つ見せてもらったところ1点は箱上面が斜めに傾いていて明らかにぶつけた形跡が残ってる箱がありました。1点のみ手渡され購入するとそういった商品を買ってしまう事になりかねません。(過去に買ってすぐ壊れた事がありこうするようにしています。)

 本体上面

wd_red_wd30efrx-3s

耐久性モデルと言うことで外見にも何か違いがあるかと思いましたが、ラベルの色が違っているだけで他はぱっと見標準モデルの物と変わり無いように見えます。

本体裏面

基板が裏側に設置されており制御チップなどは隠されています。基板のサイズは小さくとてもシンプルな設計に見えます。

wd_red_wd30efrx

SATA端子

耐久性の高いモデルと言うことで何か特殊なパーツで作られているではないかと期待していましたが何の変哲も無いSATA端子でした。

wd_red_wd30efrx-5s

 ディスクのフォーマット

これ専門の解説ページは沢山有ると思いますので詳細は割愛させて頂きます。が簡単な流れのみメモしておきます。

Windows7の場合 スタートメニューより コンピューターの項目で右クリックし→ 管理 と書かれた項目を選択 ↓以下のwindowが現れますので番号に沿ってセットすれば完了です。

format6

性能チェック -CrystalDiskInfoによるチェックとスピードテスト

CrystalDiskInfoの結果

crystalDiscInfo

発熱を抑えるため回転数は5400回転となっています、その他複数の表示が非公開となっていますがこれはいかがな物かと思いました。
元々NAS向けの製品ですのでしばらく動かしていて本体を触ってもその他のドライブよりも温度が低いとすぐわかるぐらい低温で作動するようです。

CrystalDiskmarkの結果

wd_red_wd30efrx-crystalDisc

スピードはこのような結果でした。標準的なスピードでしょうか?今回は長期バックアップ保存を目的としているためスピードはあまり重要視していませんでしたので故障さえしなければこんなもんでよろしいかと思います。

以前購入しましたSSDと比較しますとSSDの方が2倍程度速いようです。
http://trader.xii.jp/2011/08/ntel-x25-m-ssdsa2m080g2gc-80gb/

まとめ

果たしてこのハードディスクは良いのか悪いのか?
長期保存を目的としている現状では時間がたってみないとわからないと言う事になります。
購入前にどうやって判断すれば良いのか?改めて考えてみました所、商品のクチコミサイトでトラブルが起きてないかチェックしてから購入とかしか手がないかと思いました。
ですので発売したての新製品は未知ですので購入すべきではないと言えるかもしれません。

結論

購入したばかりのドライブは初期不良品である可能性もありますのでPCから取り外して長期バックアップとするにはやや不安が残ります。よって数ヶ月しばらく使用して故障しなければ外してそれをバックアップとするか、前に使用していたドライブで異常が無い物をバックアップとするのも良いかと思います、古い物だと故障のリスクがありますので購入から1年以内の物なら良いのではないかと思います、旧ドライブへデータを入れ外してバックアップとし新しいドライブはサーバーマシンの保存スペースとして使用するのも良いかと思いました。究極はウエスタンデジタルと東芝のドライブ2台へ同じデータを入れてダブルバックアップとするのが良いと思います。更に究極ならシーゲートも追加でしょうか。

 

↓アマゾンのサイトで価格を確認できます。赤いラベルが今回購入したシリーズです。黒いラベルが上級モデルですが黒は結構高いようです。(プラス2~4千円程度高い)

HP Compaq Business Desktop dc7800US 7900US のボタン電池の交換

久々にPC(HP dc7800US)の置き場所の模様替えをしていたところ、一旦コンセントを抜き新しい場所へ設置し再度電源を入れたところバイオスエラーが表示されました、

BIOS-time-clock-has-occured

 

よく見ますと日付が設定されていないと言ったようなメッセージが、

systemAlert1-s

PCのコンセントを抜きこのメッセージが出る場合はPCに内蔵されている電池が切れてしまったことを意味します。
そこで取り替える事に、、

本体後ろにある黒いネジを手で回して外し上面の蓋を開けますと、HDやDVDドライブがついている後ろにボタン電池が縦にセットされているのが見えます。

hp7800-hp7900-buttonbattery

電池の種類は:cr2032 です。

cr2032

100円ショップでも売られている(らしい)とてもメジャーな電池です。100円ショップのでも問題無いでしょうが大事なトレードPCへセットすると言うことでここは手堅く日本製にしておくとよろしいかと思います。写真はビックカメラで買った物ですが急いでいなければアマゾンで買う方が安くて買い物に行く時間もとられないので良いかと思います。

これを外し付け替えるわけですが、うっかり何も考えずに外すとどっちがプラスでどっちがマイナスかわからなくなります。実は以前にも交換した事があり説明書をあれこれ調べて少々大変であっったため今回はカメラでばっちり撮影してみました。

buttonbattery1hp7800-hp7900

本体の壁面側がマイナスで手前の文字の書いてある方がプラスとなります。写真で見ると一目瞭然でしょうか?

buttonbattery

取り替えますとコンセントが抜けても時計が狂わなくなります。(このPCは1年以上コンセントを抜いたことが無かったためいつ電池が切れたのかは不明です。w)

尚、内蔵電池が切れこのエラーが出ますとバイオス設定した他の項目もほぼ初期化されているようです、カスタム設定をされている方はご注意ください。

EIZOのディスプレイに複数台CPを繋いでいる時に、表示中の映像信号が1舜でも途切れると自動でもう一方の画面に切り替わってしまう機能をOFFにする方法

EIZO(ナナオ) のディスプレイに複数台CPを繋いでいる場合に、片方の映像信号が途切れると信号がインプットされている方へ勝手に切り替わるようになっていますが、PCを新しくセットアップする場合などには頻繁にPCを再起動させる必要がありこの機能は邪魔に感じる場合があります。特にバイオス設定画面などを操作する時は画面が1舜しか出てこない場合もあるため勝手に切り替わると成功するまで何度も再起動させる必要があり非常にストレスがたまります。もう1つのPCを消せば問題は解決するのですが自動売買やバックテストを実行中のPCをおいそれと消すわけにはいきません。

結論消し方は下記の通りです

EIZOのディスプレイで信号が途切れると勝手に画面が切り替わってしまう機能をOFFにする設定方法

 

ディスプレイ下のボタンのEnterボタンを押し
スクリーンマネージャー」という青枠のコントロールパネルを表示します。

etc(その他)と書かれたアイコンを選択

入力プライオリティ」を選択しEnterボタンを押す

プライオリティーが「1」等に設定されているのを「マニュアル」へ変更

 

これで勝手に画面が切り替わらなくなります!

意外と手順が多く忘れがちなのでメモしておきます。

EIZOのディスプレイの横並びのボタンは操作しにくく、手探りでこの操作をやろうとすると結構時間をとられます。
たまにしか見ないのでアイコンやメニューの構成や特殊機能の名称など全く忘れていて該当する項目がいつまでたっても見つからず挫折しそうになります。その間もPCが任意のタイミングで再起動しますと瞬間的に画面が切り替わりメニューも消えてしまいますしそうなるともはや手に負えません、、実際にそういう状況に陥りこの記事を書くに至りました。

Online grammar scan as well as, proofreader using the web proofreader grammarly

Sector progress is usually an attribute for our preferences an entrepreneur would make when the current very small-range budgetary investment decision has proven to be very helpful. Companies boost the commerce on bank account of a number of underpinning features such as to raise the level of cash flow variety, having an extremely much larger trade post or even the enhancement of an model type artwork. 続きを読む

Dissertation crafting service plan – dissertation guide web-based great britain your best route to buy a dissertation cyberspace

Comparison of common public hr administration linking The far east and United Declares in today Launch (Brown 2004)Community segment Human Resource Leadership (HRM) continues to be described as the creation of a lot more versatile design and procedures, the removing of very centralized companies and service-great consistency of protocols and bigger requirement accorded to collection supervisors and administrators on the control over employees by employing slimmer leadership structures and programmes of decentralization and devolution Along at the role point, bigger and multi-skilled positions were definitely introduced. 続きを読む

your individual most convenient spot for a invest in documents through the internet

Mankinds kind has assigned by itself the clinical reputation homo sapiens-mankind the good-as our mental capacities are so incredibly vitally important to our on a daily basis life and our feeling of personal. The industry of synthetic cleverness, or AI, tries to are aware of reasonable organizations. 続きを読む

Intel X25-M SSDSA2M080G2GC 80GB を購入

シストレマシンのスピードをより高速で省エネにするためにインテルのSSDドライブntel X25-M SSDSA2M080G2GC 80GBを購入しました。

ntel X25-M SSDSA2M080G2GC 80GB
製品仕様 (English)

SATA  3.0 Gb/s
Bandwidth
Sustained Sequential Read: up to 250 MB/s
Sustained Sequential Write: up to 70 MB/s

どのメーカのSSDが良いのか?

SSDの技術はまだ発展段階で(2011/08/15現在) 徐々にスピードの早い物が出てきているようですが、今回の購入で店員に話を聞いた感じではやはりインテル製とその他のマイナーメーカー製とでジャンルが分かれているようでした。
違いは連続したデータの読み書きが高速なのがマイナーメーカー製の物、ランダムアクセス(数キロバイトの小さなデータの読み書き)が高速なのがインテル製の商品と言う話でした。 どちらが良いのか?当然トレードをする際に扱うデータは刻々と更新されるティックデーターや注文時の命令コード等ですのでごく小さなデータの読み書きが主流であることが容易に想像できます。ランダムアクセスガ高速でメーカーとしても信頼できると言うことで今回もIntel製を選びました。

今回購入したモデルは前回購入しました40GBの モデルの80GB版です。40GBモデルとどのくらいの性能の差があるか今回もベンチマークソフトで計測してみました。

Intel X25-M SSDSA2M080G2GC 80GB ベンチマークテスト結果

ベンチマークソフト:CrystalDiskMark
PC: ASUS P5Q Deluxe
CPU:Intel Core 2 Duo E8600 3.33GHz
Memory:DDR2 4GB
OS:WindowsXP professional
グラフは数値が大きいほど高速。

Intel X25-M SSDSA2M080G2GC 80GBベンチマーク結果

前回計測しましたX25-V Value SATA SSD SSDSA2MP040G2R5のベンチマーク測定結果は以下の通りです、

見比べますと 512kより上の数値が向上していることが確認できます、4Kの書き込みでは若干劣っているようです。(テスト数値を200MBにしたのが原因かもしれません)
容量としましては倍の80GBになったと言うことでチップの数が増え物理的に分散書き込みされる量が倍に増えるため早くなるという仕組みのようですが、おおむねそれを反映している結果が出たかと思います。
SSDに変更することにより速度の向上の他に、駆動箇所がないため物理的な故障のリスクを軽減できたり、低消費電力のため省エネ効果・可動音が無いため静音などの効果が期待できます。

データーの移植

データのバックアップ&コピーは Acronis True Image (市販ソフト)にて行いました、普段から定期的なバックアップに使用しているソフトです。
40GB→80GBへOS入りのデータを移動する時の問題点
まずAcronis True ImageでOS入りドライブのバックアップを取りそのデータを新しいSSDに復元するという方法をとりましたが、
Acronis True Image は記録データからパーティション領域まで寸分の違いもなく完全なクローンを作るためもとより容量の大きい80GBのSSDに複製しても40GBの領域が維持されたままとなり、残りは未割り当てとなり、そのままでは使用できません。
そこで今回はパーティションを編集するソフトEASEUS Partition Manager(free版)を使用しました、
EASEUS Partition Manager(free版)を使いますとdataの状態を維持したまま領域を広げたり縮めたりすることができます。
今回は残りの領域を最大まで広げ80GBをフルに使用する状態に編集しました。EASEUS Partition Manager(free版)は今回初めて使いましたがGUIで簡単に操作でき1分程度で修正できました、なかなかお勧めだと思います。

関連リンク
Intel SSDドライブ SSDSA2MP040G2R5を購入

ハードディスクの問題点を検出してくれるフリーソフト CrystalDiskInfo

HP Compaq Business Desktop dc7800 US を購入(トレードPC HP KS819PA#ABJ Core2 Duo E4500 2.20GHz)

最近仕事にシストレ開発に何かと忙しくブログを書くのがぜんぜん追いついてませんが徐々に書いていきたいと思います。

Core2系のPCもかなり値段が下がり始めていてまいましてこのモデルは中古で2万円を切っていたためややロースペックながら1台購入してみました。用途はシストレのバックテスト用です。



HP Compaq Business Desktop dc7800 US  KS819PA#ABJ
CPU : Intel Core2 Duo E4500 (2.20 GHz、2MB L2キャッシュ、800MHz FSB)
Memory : PC2-6400(800MHz) 1GB(1GBx1) (最大4GB)
チップセット : インテルR Q35 Expressチップセット
HD : Serial ATA/150 80GB (5400rpm) S.M.A.R.T.対応

HPのウルトラスリムデスクトップは今回で4台目になります。(利点欠点等2回に渡って書かせて頂いておりますのでさすがに今回は省略しておきます。)
前回の記事
→ Business Desktop dc7800 US を2台購入(トレードPC HP GV792PA#ABJ)
HP Compaq Business Desktop dc7800 USを購入(トレードPCサブマシン)

と言いつつもこのPCはコンパクトで省エネで安定性抜群なので本当に気に入っていますw( 欠点は拡張性がほとんど無い点です。)
今回Core2 Duo 2.20 GHzですので用途は本当にシステムトレードのバックテスト専用です。遅くても数日ほったらかしにしておけばいつかは解析が終わると言うことで優先度の低い物を気長に調査していければと思っています。

今回ベンチマークテストを行ってみました。

ベンチマークテスト結果 HP Compaq Business Desktop dc7800 US KS819PA#ABJ

OS : Windows XP professional
CPU : Intel Core2 Duo E4500 (2.20 GHz、2MB L2キャッシュ、800MHz FSB)
Memory : 1GB (PC2-6400 800MHz)
使用ソフト  CrystalMark 2004
スコアは数値が大きいほど高速

まあそれなりの成績かと思いますが、少し驚いた事は最初の頃に購入したワークステーションマシンのHP XW2400 や IBM IntelliStation M Pro (6225-2J7) よりもぜんぜん勝っていると言う所です、予備と思っていましたが普通にメインの検証用として使えそうです。

シストレマシンの棚

結局HPのXWもIBMインテリステーションもまだ現役で使っていますw
この時期本当に凄い熱を発しますが安定感抜群でなかなか手放せないところがあります。
HPの棚を写真に撮ってみました


シストレマシンの棚 (クリックで拡大)

天気の良い日はここはしゃく熱地獄ですww
あまりにも凄い熱を発するため以前紹介しましたディスプレイの有る部屋とは別の部屋に置いてあります。

PCの熱対策について

写真の小型PCの並べ方ですが何となく4台目を買い足し写真のようなレイアウトになりましたが、この並べ方には問題が有ることに気が付きました。熱は上に貯まるため上のPCほど熱せられるという点です。
写真のように互い違いに並べると直接積み重ねるよりは放熱効果がえられるのではないかと言うところまでは気が付きましたがまだ甘かったようです・・・
今の所は現状でも止まることなく稼動している物の、写真のような並べ方はあまりお勧めではないかと思っています。

模様替えはまた時間のある時にやりたいと思っていますが、おそらく4台とも縦置きにして隙間を空けて並べて前面から扇風機などで風を送るのがベストではないかと見ています。

まだ他にもつい最近3台のPCを買いましたので次回紹介できればと思っております。



HP Compaq Business Desktop dc7800 US を2台購入(トレードPC HP GV792PA#ABJ)

前回サブマシンとして購入しましたHP Compaq Business Desktop dc7800 US (Core2Duo 2Ghz)ですが、使い始めて2ヶ月近くたちますがほぼ付けっぱなしでも全く止まることが無く非常に優秀であるためスペックの高いCore2Duo 2.66Ghzの物を2台追加購入しました。

HP Compaq Business Desktop dc7800 US   GV796PA#ABJ
CPU : Intel Core2 Duo E6750 2.66 GHz、4MB L2キャッシュ、1,333MHz FSB
Memory : PC2-5300(667MHz)2GB(1GB×2)(最大4GB)
チップセット : インテル® Q35 Expressチップセット
HD : Serial ATA/150 160GB (7,200rpm) S.M.A.R.T.対応

このPCの素晴らしいところはコンパクトでファンの音も小さく静かで発熱も少なく、80PLUS認証電源が採用されていて省エネであり、ビデオ出力が2系統ついていてフルサイズで2画面出力が可能と、私にとっては良い事づくしです。ただ拡張スロットなどが省略されている点が欠点ではありますが、システムトレード専用としてPCを使う場合、拡張スロットにディバイスを追加する事は全く無いためこのPCを選びました。 (このPCの仕様につきましては前回とほぼ同じですので前回の記事をご参照下さい。)

約1年前に中古で購入したフルサイズのIBM IntelliStation M Pro (6225-2J7)HPのWorkstation xw4200と比べますと、そのサイズの小ささに驚かされます、(並べて写真を撮るとわかりやすかったのですが時間が無くて撮影できませんでした。いつかチャレンジしたいと思います。) サイズが小さく処理速度は2倍近く速いわけでして数ヶ月単位でシストレのバックテストを24時間稼動させて安定性と耐久性が確認できましたらさすがにPentium4シリーズのワークステーションは卒業させようかと考えています。(すばらしい安定感は1年たった現在も健在でしてなかなか捨てがたい所もあります)

2台同時購入の理由

2台同時購入した理由としましてはセットアップの時間をより効率よく行うためです、1台ずつ購入しますと初期状態からウインドウズアップデートをかけて必要なアプリを入れて・・などといった一連の作業を2回行う必要が出てきます、そしてちゃんと動く事を検証する時間も含めますと正常に動くようになるまでのセットアップ作業に1週間近くかかる事が多いかと思います(2台ですと2週間)、その時間が無駄であると判断しまして2台同時にセットアップして合理化を図ってみました。

合理化メモ ※以下項目は覚え書きです、近々PCのセットアップをする予定がない方は読み飛ばして下さい。

  • 2台同時インストールはキーボードマウスを2セット用意し寸分の狂いもなく同時に進めて行くのがベストのようです。タイミングがずれますとだんだん時間差が出てき始めてずれた分だけ処理が終了するのを待つ必要が出てき始めます。同時ですと1台目をクリックしてすぐに2台目をクリックと流れ作業で進められます。1台目で手惑うような作業でも数秒後なら容易に実行できますが、数分後や数十分たってからではととっさにやり方を思い出せず2回目も手こずる可能性があります。
  • スタートアップフォルダにWindows Updateの ショートカットを入れておきますと、起動時に自動的に表示されて便利です。
  • マウスカーソルの移動速度を高速に設定し、Windowsのパフォーマンスオプションのウインドウ表示に関する余計な視覚効果を真っ先にOFFに設定しますと少しでも作業時間短縮につながります。

セットアップメモ

省エネコンパクトPCの用途

用途はシステムトレードのバックテスト用です、シストレのバックテストをやっていまして一つ気が付きました事が、IBM IntelliStation M Pro (6225-2J7)HPのWorkstation xw4200等の重厚なワークステーションの豊富な拡張スロットはビデオカードが1枚刺さっているだけで他はすべて空いたままです、この先も追加の必要は無さそうであり、PCの拡張性は全く必要が無いという点に気付きました。
通常のPCですと休みの日にDVDを見たり音楽を聴いたりデジカメで撮影した写真を見たりするために何かしらディバイスを追加して使ったりしますが、シストレの場合、画面はプログラムを最初に走らせる時と終了後に結果を確認する時に見るだけでよかったりしますので何でもいいから映像が表示され、文字が読めれば良いと言うレベルです。他、マウスとキーボードを接続すればそれ意外に接続する必要のある物は何もありません。
ハードディスクも数十メガのトレードツールが入っているだけというシンプルな構成ですので大きな容量のディスクも必要ありません、そして通信環境に関しても、バックテストの場合過去のティックデーターが稼働前にあらかじめダウンロードされるようになっているため、それほどシビアである必要もありません。というわけで今回はこの本体が小さいPCを選びました、拡張性は無いですが省エネで高速・安定稼働とシストレのバックテストに必要な用件を満たしているかと思います。この小ささにはちょっとした野望がありまして、この2台で安定稼働が確認できましたら4台・8台とさらに増やしまして、より多くの売買パターンのバリエイションを短時間で検証できる仕組みを作りたいと考えています。

目標は世界中のありとあらゆる相場を検証し尽くすところまで行きたいと思っています。(それにはとんでもない数のPCが必要でではないかと見ています。w)