マルチディスプレイは横並びで何画面が良いのか?:マルチディスプレイ環境を構築する。その3

最近引越をしましてマルチディスプレイをどういうレイアウトにするか色々考えています
2011/04/15現在、東北地方太平洋沖地震の影響でまだ地震が多くモニタを2段3段組にするのは危険な気がしています。
そこでとりあえずは安全性を優先して机の上にひたすら横に並べて設置することにしました。
せっかくですので実用的なのは何画面までが有効かを検証してみることにしました。

21インチディスプレイを5台、24インチワイドを1台、計6台を横並びで設置
(クリックで拡大)

机から若干はみ出しましたが6台のモニタを横並びに並べることが出来ました、
PCにグラフィックカードを3枚挿し6画面連結表示を試みました、この状態から検証していきます。
今回の検証は現物を実際に目で見てみないとサイズ感覚が伝わらない部分もあるかと思いますが、何らかの判断材料の一つとしてご活用いただければよろしいかと考えております、


グラフィックカードの設定、基本全く同じグラフィックカードが理想と言われていますがメーカが同じであれば認識してくれるようです。(クリックで拡大)


画面のプロパティ(あまりよく考えずに配線したため順序がばらばらです)


正面写真 1枚に治まりきらないため写真3枚を貼り合わせました(クリックで拡大)

6画面横並び構成 - 解像度;9920 ×1200

実際6画面並びますと爽快です!しかしながら端っこの方かろうじて視野に入るかはいらないかといった状態です、、
この状況でワイド画面が有効活用できそうなソフトを立ち上げ使い勝手を検証しました。

メタトレーダー4 (MT4 FX,CFD用チャートソフト)
この状況でMT4を使用してみましたがMT4は全く問題なく動きました。


MT4 Dow DailyChart原寸大スクリーンショット(クリックで拡大)

画像はダウのデイリーチャートですが2011年4月現在から2006年9月までの期間が表示されました。(足の大きさは最小から3段階拡大)
全体の流れを掴むには良いと思いましたが左右の端っこの 画面に関しては遠すぎて数値を読み取ることが出来ない状態でした。
同じく1分足に変えてみますと1日と数時間分の値動きが1画面に表示されました、こちらは本日1日の動きを復習するのには良いかと思いました。(足の大きさは最小から3段階拡大)

MT4 Dow 1hChart(クリックで拡大)

DEAL BOOK
インバスト証券のCFDが取引できるDEAL BOOKというツールはこの画面サイズでチャートを全画面表示させますとかなり動きが重くなるようです。  

MT4に次いで好きなツールですが大画面に大きなチャートを表示させるのにはやや向いていないようです。小さなウインドウでたくさん表示させるぶんには問題無いようです。

チャートソフトの利点
細かい時間足で長期間表示可能で過去の抵抗線で何回反発しているかが一目でわかる(日足や時間足では1つの足に集約されているためわからない)。
チャートソフトの欠点
値幅変動の大きいチャートの場合長期間表示させると縦幅が圧縮され見にくくなる

Excel
縮尺率100%で「EG」の列まで表示可能、ただこの列まで使用して全画面表示させる事はなかなか無いような気がします、、w

Googleearth
横幅8000pixel以上に拡大しようとしますと地図画像が表示されなくなる問題が発生しました、  ビデオカードとの相性などがあるのかソフトウエアの使用なのかわかりませんが 8000pixelが限界でした。

こちらの表示もかなり爽快ですPCの性能が良ければ3Dでもそれなりに表示できてなかなか見応えがあります。

Webブラウザ
基本的にWebサイトは縦長に作られているため横長の画面いっぱいに広げても全く意味がないようです、1画面に1ウインドウで6サイト同時表示が可能と言ったところでしょうか。

その他
大抵のソフトは1画面で表示させるように作られています、WEBブラウザやテキストエディターは横よりもむしろ縦に連続表示させる仕組みになっていますので単体でそれのみ使用する場合は超ワイド画面はあまり有効的ではないとわかりました、利点はそれらを複数同時に横並びに並べることが出来ると言うことでしょうか、ただ6画面の両端は視界のぎりぎり限界 にあたり小さな文字はまず読めない状況ですので用途は限られてきそうです。

.

5画面横並び構成 - 解像度;8320 ×1200 グラフィックカード3枚


1台を非表示に設定

メタトレーダー4(MT4)

デイリーチャート(足の大きさは最小から3段階拡大)

MT4 Dow DailyChart(クリックで拡大)
5画面の場合デイリーチャートは2011年4月現在から2007年6月までの期間表示されました。

1分足(足の大きさは最小から3段階拡大)

MT4 Dow 1hChart(クリックで拡大)
5画面の場合1分足チャートは若干切れますがほぼ丸1日を表示させる事が出来るようです。(足の大きさは最小から3段階拡大)

Excel
縮尺率100%で「DK」の列(115列)まで表示可能(クリックで拡大)

.

4画面横並び構成 - 解像度;6720 ×1200 グラフィックカード2枚

メタトレーダー4(MT4)
デイリーチャート(足の大きさは最小から3段階拡大) 

MT4 Dow DailyChart(クリックで拡大)
4画面の場合デイリーチャートは2011年4月現在から2008年4月までの期間表示されました。(足の大きさは最小から3段階拡大)

Excel
縮尺率100%で「CO」(93列)まで表示可能(クリックで拡大)

まとめ

奇数モニタと偶数モニタ
今回6画面の9920 ×1200の状態で1週間ほど使用してみましたが完全に左右2画面は使い切れてずに余っている状況でした
色々比べてみまして直感的に一番良いと思いましたのは5画面の状態でした。
理由は目の前に1画面両サイドに2画面という状況になりバランスがとれている感じが高かったです。逆に6画面4画面の偶数代数の場合目の前(中心部)がモニタの境界線になるため左右どちらかに視線を降った状態になり、若干ではありますが不安定感があるかと思います。
ただ5画面連結にするにはビデオカードを3枚挿す必要がありその場合6画面に拡張され1画面余ってしまいます。ハードウエア的には奇数の画面数は若干非効率な面もあり一丁一旦があるかとおもいます。

自分的に理想と思われるのはスクエア矩形のディスプレイを混ぜる場合は5画面がベスト。サイズの大きいワイドディスプレイのみで構成する場合は3画面の構成が丁度よいかと思いました。
6画面のワイドチャートは新たな発見がいくつかありました、今まで価格が反発するポイントとしていつも見ているチャート表示ですと直前の物しか見えてない状況でしたが数ヶ月数年前のもみ合ったポイントが影響している場合が多々あることをワイドチャートを見ていて簡単に知る事が出来ました。今までとは違った視点で見ることができ新たな手法を発見することも期待できそうですので初心者の方には6画面ワイドも試して見る価値はあるかと思います。

関連リンク

マルチディスプレイを構築するその2:簡単マルチディスプレイ環境構築方法

マルチディスプレイを構築するその1:初代10画面構築例

理想のトレード環境とは?







トレードに最適な賃貸物件探し(トレードに最適な引越しとは?)

トレード環境構築を始めてマルチディスプレイ等で部屋がかなり狭くなり半年ほど前より引越しを検討していましたが、最近妥当な物件が見つかったため引越しをすることにしました。
.

どんな部屋が良いのか?

自分は単身の一人暮らしですがどのような賃貸物件が良いのか?

トレードに向いた部屋かどうかと言う所を意識して物件を探しました、素人ながら自分の考えた条件は以下の通りです。

1.マルチディスプレイを設置する十分なスペースがある部屋
こちらはメジャーを使って現状のサイズを計り物件を見て回る時にそのスペースが確保できるか確認しました。現状よりも更に拡張できるようスペースに幅を持たせて調べました。

2.窓からの景色が良い部屋(眺望の良い部屋)
トレードに集中していると家にこもりっきりになりがちですが、以前住んでいた部屋は窓の 外がすぐ隣の建物の壁となっていたためあまり居心地が良いとは言えませんでした。トレードはストレスが貯まる事も多いため、せめて窓の外の景色が綺麗であることはメンタル面にプラスになるのではないかと思い眺望の良い部屋を選考対象としました。

3.静かな部屋
落ちついてトレード出来るよう静かさも選考対象としました。周りに鉄道や幹線道路が通っていないかや繁華街や学校等の施設が無いか等地図で調査しながら探しました。

4.快適なネットインフラが得られる物件
こちらは少々調査が困難ですがプロバイダー各社に随時質問しながら物件を探しました。 AUひかりの1Gbps専用線を引く場合は工事の条件として3階以下の部屋と限定されているため、3階以下である必要があります。(NTTのひかりはある程度高層階でも良いようです。)

だいたいこんな所でしょうか、快適に過ごせてネットインフラが充実している場所と言う方向性で探しましたが数々の見えない落とし穴が物件探しには潜んでいましたのでそれを書きたいと思います。

引っ越しのプランを練る

どんな部屋にいつ 引っ越すか?引越しした経験が少ない人にとっては何をどうしたら良いのかまったくわからない事かと思います。今回自分が引っ越した中でプランを練るために知り得た情報を記載しておきます。

適な時期は?
不動産屋が言うには1212月の年末年始が一番暇な時期で家賃や敷金も低く設定されているとの事です、年末には退去する事が決定している場合もあり穴場物件を見つける事も出来て有利と言えます。この1212月を狙うためにはその半年前より準備し物件の相場感や空室状況の様子等をつかんでおく必要があるかと思います。逆に最も不利な時期は34月と新入学就職等で人が動く時期です、この時期は何割か家賃敷金礼金等が高く設定されている事があり非常に不利です、この繁忙期と言われる時期は春とは別に夏にもあるらしいです。34月以降の56月はどうかと言いますと、良い部屋ほど移動が少なく56月に空いている部屋は完全に残り物の部屋である場合が多く、急いでないようでしたらこの時期も避けた方が良いようです。

額は?
東京都内のワンルームマンションで家賃10万円としましたら家賃10万円に 敷金家賃1ヶ月~2ヶ月分 礼金家賃1ヶ月分 仲介手数料家賃1ヶ月分 引っ越し代金4万~15万(荷物の量と引っ越しの方法によって異なる)で高く見積もりましても60万円~50万円程度を見ておけば問題ないかと思います。

引っ越ししたいけどはまだ漠然としていて具体的に動くのはまだ先の話であるという方もこちらをやっておくと良いでしょう。

引っ越し前にやっておく事

いらない物を捨てる(これにつきます!)
長年使っていない大きな物から 捨てていくと良いようです。 家電製品は区の粗大ゴミ改修へ(有料)色々探しますと無料で引き取ってくれる業者もあるようです。(業者へ持ち込みの場合) 特にPCやディスプレイはリサイクル料金が高く、近くに専門業者がある場合はそちらへ出す方が安く上げられるようです。 下記業者は送料のみ自己負担で発送すれば無料で引き取ってくれる業者です、都内や近隣地域にお住まいでしたらこちらへ送るとPCのリサイクル価格より安く済みます

パソコンファーム(埼玉県)
http://www.highbridge-computer.jp/recycle

パソコン液晶モニター無料回収 (東京都)
http://homepage2.nifty.com/muryoukaishuu/index.htm

ゆうパックですと都内から近隣地域へデスクトップ1台1300円程度で送れます、通常のPCリサイクル料金は3000円~4000円程度かかりますのでなかなかお得な手段ではないかと思います。

持ち物デジタル化でスペース確保
とっておきたいけど重要度の低い本はドキュメントスキャナーでPDFにして本体は捨てる。
いらない本は古本屋へ
古いビデオテープなど はHDレコーダ等にデジタル化をして処分(SVHSデッキは売られていないためヤフーオークションで落札するしかないようです。)
最近は2TBのハードディスクが1万円以下で買えますのでお手頃な価格で強力な省スペース化を実現することが出来ます。
こちらは時間が非常にかかりますので引越するしないにかかわらず空いている時間を工夫してやっておいた方が良いと思います。ビデオテープや特に本ですが非常に余分な荷物となり荷造り移動も大変な上引っ越し先でも場所を取ります。

引っ越しのプランが見えてきましたら具体的に物件探しに移ります。

賃貸住宅の相場観を把握する

1.ネットで相場を把握する

最近は不動産情報のネットサイトが充実しているようです、よくネットの情報は古く売れ残り物件しか表示されていないというような話も聞きますがそうでないサイトもありましたので記載しておきます。

at home web http://www.athome.co.jp/

東京都内の物件ですが2011/02/06時点では結構な頻度で不動産屋で見た情報がきちんとWebにも反映されている事が確認できました、写真や間取りも掲載されていますので価格調査には妥当な情報だと思います。

2.不動産屋を回る

ここからが落とし穴満載な箇所です、

準備物

  • フリーメールなどの捨てメールアドレスの作成

不動産屋はとにかく可能な限り沢山回る事をお勧めします、 何故かと申しますと同じ物件でも不動産屋によって価格設定が違うからです!これはとても変な話だと思いますが仲介手数料や敷金礼金などのオーナーとの契約はそれぞれの不動産屋独自に設定することが可能なようで価格に差がある場合があります。よって1~2件の不動産屋を見てすぐに契約しないことをお勧めします、どの不動産屋も自社オリジナル物件でない限りは同じ物件情報を共有していますので大手から地元の小さい不動産屋まで目当ての物件がいくらで契約出来るのか片っ端から聞いて回ると良いようです。

どんな不動産屋が 良いのか?
これは沢山回りますと徐々にわかってきました。
同じ物件でも価格を上載せしている不動産屋が必ずあります月額10万円の物件を11万円と表記しているような業者が駅の近く等にあったりします、ますはそこを選考対象から外します。

老舗不動産屋を探す
不動産屋を10軒ぐらい回りますと、良い物件情報は長年やっている 老舗不動産屋が握っているという事がわかってきます、考えてみますと当然なのですが、街を歩いていますと派手な宣伝で何でも見つかりますよと言うような不動産屋についつい目を引かれがちですが、実はそう言う所はたいていオープンして間もない店だったりしますそう言う店は大手から流れてきた情報を仲介しているだけですので掘り出し物物件はなかなか見つからず値段も高かったりします、後何より経験が浅く接客が酷い店が多いです、、 探している物件の条件を伝えて、10分たっても間取りの情報をが出てこない場合は速店を出た方が良いでしょう、おそらく入社して間もない新人とかなのかと思いますが非常に時間がかかります、知識がないので良い情報が得られません、知らない不動産屋を訪れる場合はまず創業何年なのかを聞くとよろしいかと思います。

老舗不動産屋はたいていの物件情報を把握しており1分以内に何らかの資料を見せてくれます、中には数秒で数件の候補を提示してくる凄腕の人もいたりします、そう言う担当者に当たった場合は検索範囲を広めて沢山見せてもらうと良いでしょう、短時間で質の高い物件情報が得られ知識が深まります。

こんな物件は要注意
値段が安すぎる物件
格安の物件を何件か見に行きましたが線路際で窓の外は駅のホームでとか騒がしすぎてびっくりするような物件やお化け屋敷のように古すぎる物件など、笑えるほどひどい物件であることが多かったです。

金額に注意
不動産屋とのやりとりで気をつける点は金額です。月10万円の賃貸物件を探していますと言って12万円の物件を提示してくる営業マンには気をつけた方が良いでしょう。意外とこのようにして単価を上げさせようとする営業マンが多いと思いましたなぜなら仲介手数料は賃料の一ヶ月分だからです12万の物件を仲介しますと不動産屋はそれだけで2万円儲かるわけです。 そこで最初は借りたい金額のマイナス1~2万円の金額を言うと良いようです、何が何でも8万円の物件を探していますと言うのが良いようです、それできっかり8万円の物件を出してくる場合は10万円でも大丈夫ですと言いつつ8万円9万円の物件に掘り出し物が無いかを探せます。

気に入った物件があったら見せてもらう(内見)
内件の条件’準備物

  • コンパスメ・ジャー1M 以上5M程度がベスト(100円ショップで購入可能)
  • デジタルカメラ(忘れないように部屋の様子や気になったところを撮影しておくと便利です。)
  • メモ帳など
  • チェックリスト
  • フローリングやキッチンの形態などの希望条件を書いておく。
  • テレビアンテナの接続口
  • エアコンの取付位置
  • 天井の高さ
  • ドア開閉のスムーズさ
  • 幅・奥行き・日当たり・見晴ら・騒音・異臭
  • 覗かれる事はないか、侵入される危険性はないか
  • CSBSスカパーなどを見る場合はベランダの方角をチェック
  • 音は静かか?部屋の中で数分物音を立てずに周りの音を聞いてチェック 壁に耳を当て何かの機械の振動音などがしていないかチェック
  • 線路後核などの場合は電車が通り過ぎるまで待ちます。

引越

どんな引越業者が良いのか?

あまり引越をした経験がないためどの業者が良いのか電話で聞いただけでは全くわからずかなり迷いました、引越の見積もりは電話だけで行う電話見積もりと、直接業者の営業マンが家に訪問して家にある物を直接チェックして金額を割り出してくれる訪問見積もりとの2つがあります。だいたいの業者は電話見積もりをしても最終的には訪問見積もりをして価格を決定すると言う業者は多いようです。そこでわからない場合はめぼしい業者を休みの日などにすべて呼んで訪問見積もりをとってもらう事にしました、すると電話見積もりとは全く違う金額が提示されることが多かったです、、w 業者の中には部屋に置いてあるマルチディスプレイを見ただけで金額が上がったのではないかと思われる業者もありました、そして業者ごとに金額はまるでバラバラです・・

梱包までお任せするタイプの引越の見積もりで30万円近い金額を定時した業者から7万円程度の業者までまちまちです、 一体どの業者にしたら良いのでしょうか。
選ぶポイントは当日の作業員の人数と想定作業時間と輸送方法とその他力を入れている事などを聞き出すと良いようです。
今回PCやディスプレイが多く輸送中に壊れては困るためPCをどう運ぶのかで業者を選びました。 運び方には3タイプあるようです

  1. 毛布でくるむだけで、場合によっては段ボール箱に入れる。
  2. PCをエアキャップでくるんだ上で段ボール箱にいれて梱包する。
  3. ゴムやスポンジなどのクッションがついたPC専用の輸送容器へ入れて輸送する。

理想は3かもしれませんがこちらは30万円を定時してきた業者で見送りました、1は安いですがPCの中に毛布の毛ホコリが入り込むのではないかと思います、特に液晶ディスプレイは画面や保護フィルターなどの隙間に毛埃が入るとやっかいです、(意外と毛布しか使いませんと言う業者は多かったです )

というわけで2のエアキャップでくるんだ上で段ボール箱に入れて運びますと言う業者に決めました。(意外とエアキャップは一切使いませんと言う業者も多かったです)


21インチ液晶ディスプレイ、引越業者が梱包 (クリックで拡大)

写真のように段ボールを斜めに折って梱包する方法はかなり安定している上保護能力も高いようです。 引越後荷ほどきする時間がなかったため写真の状態で積み重なった段ボール箱の一番上に置いてあったのですが、東北関東大地震で見事に倒れ無残にも床に転がった状態になっていましたが、最近おそるおそるセットして電源を付けてみますと全く問題なく作動する事が確認できました。

引越は業者に梱包をすべてお任せする場合でも結構大変な作業でした、梱包を任せる場合は持ち物を事前に徹底的に掃除しておいたほうがよろしいようです、この点を読み間違えた所があります。すべてやってくれると言うことで油断していましたが長年使っていない物などはホコリをかぶっていたりするため同じ段ボール内にしまい込まれてしまいますと綺麗な物も汚れてしまう場合があります、また業者もその辺は時間優先で綺麗な物と汚れた物を分別すると言うことは8割方無いと見た方が良いようです。ですので事前の掃除は重要です。

それから梱包を業者にやってもらった場合どの箱に何が入っているのか全くわからないため引越後に相当苦労しました、自分のば場合はギガビットイーサーネットのハブが最後まで見つからずかなり骨を折りました・・w  引っ越してすぐに必要な物(歯ブラシやひげそり・次の日に着る普段着・電話機とそのACアダプター・トイレットペーパーなど)だけは1つの箱に自分で詰めておくのが良いと思います。ちょっとしたところではUSBハブとそのアダプターが全く違う箱に入っていてなかなか見つかりませんでした、この場合はACアダプターと本体は必ず同じ箱にまとめるように梱包するようにすると良いと思います。


新しい部屋(ディスプレイのレイアウトは検討中です、、)


以前は写真右に写っていますPCラックを無理矢理拡張して使っていましたが今回は広い机を設置し、かなりスペースに余裕が出来やりやすくなりました。

以上、少々駆け足ではありますが今回は賃貸物件探しと引越についてでした。
PCとマルチディスプレイの配線の複雑さに手こずったりその他荷物の片付けで引越準備にかれこれ三ヶ月近くかかりましたが毎日毎日片付け→掃除→荷造り→掃除→片付け→荷造り・・ の繰り返しでやるべき事が多すぎて完全に燃え尽きましたw